高知名物 アイスクリン 1×1=1


小さな 1×1=1 を花のように広げてみました!1×1=1ロゴ

高知名物 アイスクリン 1×1=1


高知ならではの涼をとる!

南国土佐を旅行なさったことがある方はご存知と思います。大正10年からの歴史と伝統のアイス、「1×1=1」のノボリ旗は昔から有名で、夏の南国土佐の海岸線をドライブするとあちらこちらで見かけます。「あいすくりん」とにかく人気が高い、ぜひ一度はご賞味いただきたい高知銘菓といえます!二代目も二代目の妹も当店従業員も、み〜んな大好き!

味の表現

砂糖・卵・脱脂粉乳・バナナ香料で脂肪分3%以下!氷菓子の仲間で、アイスクリームとシャーベットの中間くらいの風味です。甘すぎずサッパリしすぎない、大人も子供も夢中になる味。昔懐かしい(笑)、独特の舌触りと食感が魅力で、皆に愛されています!


アイスはクール送料込み!チェック!

アイスは商品の性質上、クール便と送料が含まれています。また、アイスは冷凍でのお届けになりますので、他の商品と一緒にご注文いただきましても別々の発送になります。ついでに入りそうな商品でも一緒には発送できませんのでくれぐれもご注意ください。(アイスを複数ご注文いただいた場合は同梱になる場合もあります)

小カップのアップ写真

1×1=1 アイスクリン(クール送料込)


1リットル×2ヶ入(白)ホームサイズ   4,104円(税込)
在庫状況
オススメ!100cc×18ヶ入(白)小カップ   4,104円(税込)
在庫状況
100cc×18ヶ入(白10/各味8)小カップ   4,104円(税込)
在庫状況
■各味とは?=白(普通)、抹茶、いちご、ソーダ、チョコ、メロン、みかん、あずき、ゆず ※パッケージなど予告無く変更になる場合がありますのでご了承ください ■出荷時期 :一年中
■送料について
■お問い合わせ



1リットル2ケ入の内容アイス内容に関わらず写真のような発泡スチロールでお届けします


公園などで販売するときのイメージ

アイスクリンの歴史

日本で最初に味わったのは、勝海舟や福沢諭吉らといわれています。渡米視察(万延元年:1860年)の際にワシントン政府の迎えを受け、船上にて初めてアイスクリームを口にしたそうです。「珍しき物有り 氷をいろいろに染め、物の形を作りこれを出す これを(あいすくりん)という」と、その帰朝報告書に記され、明治2年、横浜馬車道通りで「町田房蔵」という人が”あいすくりん”として製造販売したのが日本で最初のアイスクリームといわれています。

自動車の普及と共に道路脇にパラソルを開いたアイスクリン屋が急増し、高知県内に100本以上のパラソルが咲きました。「アイスクリンの名称が珍しい」「1×1=1が珍しい」「アイスクリンの商売人が多い」と、マスコミに取り上げられたり、高知の気候風土にも合って高知名物アイスクリンとして今に至っています。※資料提供:高知アイスクリーム商工業(協)


orange-heart(オレンジハート)英語ロゴ

※くだもの等は自然の物ですので写真と多少異なる場合があります。ご了承ください。

オレンジハートくだもの屋
 〒781-5235
 高知県香南市野市町下井613-3
 TEL  / 0887-56-1783
 FAX  / 0887-56-1055
メール / tosa@orenjiha-to.com
 店舗  / 10:00〜19:00 年中無休
□ トップページへ
□ お支払・送料など
□ ご意見・ご相談・お問い合せ
□ プライバシーの考え方
■ マイページにログイン
■ かごの中を見る
■ 新規登録(無料)
※当サイトはリキッドスタイル(横幅が可動式)ですが、800pxを想定して制作しています。また、スタイルシートやフレームなどが一切動作しなかった場合でも、問題なく閲覧・お買い物ができるようになっています。
(動作確認:IE6x-IE11 / Google Chrome)

Copyright © 2000 ORANGE-HEART.All Rights Reserved. ◇いかなる場合でもオレンジハートくだもの屋の承諾なしに全ての情報の無断使用を禁じます。◇